創業会社失敗の原因10個!第1位の理由は市場需要がない

アメリカ科技市場研究会社CB Insightsは101科技創業会社の失敗事例を分析することで創業会社の失敗の原因をまとめた。その中には融資が使い切る,製品がまずく,ビジネスモデルが悪いなどの原因があります。
以下は10個の原因:
1、市場需要を分析しないまま軽率に製品開発を始める
42 %の失敗創業会社がこの問題を出だことがあります。創始者は自分のアイデアを実施するに執着して、創造的なアイデアは市場需要に合うかどうか分かりません。
2、融資が使い切る、新規融資が得られない
29 %の失敗創業会社がこの問題に遭遇した。
3、チームがだめ
23 %の失敗創業会社は大局を指揮できる人物を欠けている。この原因はとても面白い。多数の风投は投資の前にまず考えるべきことはチームで、その次にアイデアだと思う
4、競争力が足りない
リスク資本家Peter Thielは創業会社が競争を避け、他の人には試していない分野に入ることを提案する。約19%の会社がそうしなかった。
5、定価/コストが問題に出た
創業会社にとって、製品定価は高すぎても低すぎてもできません。しかし、18 %の会社が正しい定価を見つけることができなかった。
6、まずい製品
17 %の創業会社が開発した製品は非常にまずい。GameLayers創始者の追憶によって、会社はもともと体をおろし、インタラクティブな製品を開発するべきです。
7、ビジネスモデルに欠ける
良いアイデアは良いビジネスモデルを必要とします。商業モードに欠けることで17 %の創業会社が最終的に失敗する。
8、まずいマーケティング
コードを書くやよい製品を開発ことがわかるだけでは足りません。有効なマーケティングを利用して多くの製品を販売する必要があります。14 %の創業会社は良いマーケティングチームを持っていない。
9、顧客を無視する
14 %の創業会社は顧客を無視して失敗しました
10、製品の登場時間は正確ではない
時間は重要である。13 %の失敗創業会社の製品は正確な時間で登場できませんでした。

許可なしに転載することはできません(FineReport)