帳票ツールの標準

今、より多くのプロジェクトや業界なとは帳票を使用しています。でも、帳票ツールがたくさんあるから、一つの方面から高低の優劣を分けることは難しい。では、一つの帳票ツールが合格にたどり着くまでどんな標準を満足せざるを得ないですか?

標準一:帳票ツールメーカーの将来性

例えば帳票ツールメーカーの運営が悪い、金をかせぐことがてきない時、メーカーから製品とサービスへの投入が少なくなります。その結果、製品は更新しない、バグも修復しない、サービスが与えない、お客様がてきるごとはただ帳票ツールを変えるだけてす。

標準二:帳票ツールメーカーのサービスと技術サポート

これには三方面の内容があります:ローカルサービス、サービスチャネル、サービスシステム。ローカルサービスがいるこそお客様はシステム崩壊の時に最も速い支援を得ることができます。多種のサービスの接続ルート(電話、メールなど)は必要です、このようにしてユーザーは便利にサービスを求めることができます。メーカーの標準のサービスプロセスおよびサービス審査システムを通じて、お客様も安心です。

標準三:帳票製品の容易性

帳票ツールの使命は時間短縮、コスト削減するごとてす。だから帳票ツールは勉強が容易、操作が便利の特性が必要です。ヘルプドキュメント、ビデオなど学習の資料が豊富でいいです。

標準四:類EXCELの設計モード

帯状設計モードはすでに時代遅れになって、類EXCELの設計モードはセル式、敏捷的てす。こういう帳票ツールはEXCELのように操作し、簡単に使いできる。

標準五:複数のデータ源関連をサポートする

情報化の広範応用のため、企業のデータはすでに単一ではありません。普通はERPCRM、OA、BPMなどさまざまなシステム中に散布します。システム中データベースの多様性は帳票ツールのコンパチブルを要求する。

標準六:帳票遠隔設計をサポートする

帳票ツールが遠隔設計をサポートしない場合、帳票を改正するにはイントラネットのサーバーを使用せねばならない。でも、普通データベースは安全考慮によて直接接続ごとは不可能です。遠隔設計がないとメンテナンスは面倒です。

標準七:強いデータ統計と分析の機能があります

ここで言う「強いデータ統計と分析の機能」は、高級な集計分析を満足されているかどうかの話です。たとえばパッケージの良い公式あるいは模型は持っているかどうか、データの多次元での分析を支持するかどうか、帳票のタイミングスケジューリングを支持するかどうかなどの事です。

標準八:帳票ツールは多種類のグラフと動態グラフを支持する

今はもう「グラフを読む」時代、グラフでデータを展示する優勢が大衆に理解されている。帳票ツールとしては、多種多様なグラフ様式を提供しなければならない。種類が豊富だけでなく、ダイナミックにすることができる時、初めてグラフは話すことができます。

標準九:帳票ツールはモバイル端末の応用を支持する

まず、IOSAndroidなどのモバイル端末システムを支持できます。他のシステムのAPPに集成できるし、自分の独立したAPPも持っています。そしてモバイル端末の帳票はモバイル端末に適応できる。例えば、ページの拡大縮小、ジェスチャー操作などをサポートする。次は企業データセンターにリアルタイムのダイナミックインタラクティブを実現できます。最後に、安全から考えて、もっと検証方式を採用することです。

FineReportは優秀な帳票ツールとデータ可視化ツールです。
無料ダウンロードできますから、気軽に試してください。
http://www.finereport.com/jp/products/trial/