帳票ツールで図表を作成する時の犯しやすい過ち

データの可視化は複雑な情報を理解するための一つの強大な武器です。可視化情報を通じて、私たちはより良く情報をキャッチ、保存し、情報にたいする印象をつよくさせる。

FineReport帳票ツールはいろんな美しい図表を提供していますが、もしデータの可視化を上手く運用できないなら、効果もそんなに完璧にはなりません。どんなに素晴らしい帳票ツールを使うでも誤った表示はデータの伝播に悪い影響を与えます。

過ち1:混乱の円図分割

以下示したのは読者の注意を表現したいポイントに集中する二つの方法です。

方法一:最も大きい部分を上部の両側に分布する

 

帳票作成ツール

方法二:右回りをして、降順分布

 

帳票ツール

過ち2:ずっと単一の図表タイプを使う。

 

帳票ツール

過ち3:データソート混乱

内容は論理に合う、明らかな方式で読者を誘導すべきです。例えば:アルファベット順。

 

帳票ツール

過ち4:データ表示がはっきりしない

例えば、標準の面積図を使う時、透明度を増加することで読者が全てのデータを読みやすくさせる。

 

帳票ツール

過ち5:読者自身に解読させる

帳票を設計する人が読者により気軽にデータを理解することを助けするのは筋です。例えば散布図にトレンドラインを増加して、トレンドを強調する。

 

帳票作成