Java帳票印刷——Flash印刷

Java帳票ツールとして、FineReportはAPPLET印刷、PDF印刷、FLASH印刷の三種類の帳票印刷方式を支持して、異なる印刷要求に適応できる。そのうち、FineReportのオリジナルのFLASH帳票印刷技術は初めてJava帳票業界を十数年も困らせたブラウザーの印刷問題を完璧に解決した。

今の帳票ツールはほとんどJavaプラットフォームに基づいている。報告書の表示と編集はブラウザーに基づいているから、ブラウザーの印刷方式が必要です。でもブラウザーの直接印刷は精確なページング、連打をサポートすることはできません。そのため現在のJava帳票ツールは、プラグイン式の印刷方式を採用している。例えばAPPLET、PDF。しかしこの2種類のJava帳票の印刷方式は大きいプラグインをインストールして、実用性が悪いです。

 以下のいくつかの理由に基づいて、ブラウザーの直接印刷が帳票印刷の解決案としてはふさわしくないです。

(1)精確ページングはできない

ブラウザーはユーザーが設定したページサイズ、ウェブページの内容によってページング位置を決めています。プログラマーはこれに対して制御が難しい。でも、帳票の表示と印刷は指定の大きさによってページングを行うべきです。

(2)フッターとヘッダーの妨害があります

(3)余白と印刷文字を正確に整列できない

(4)連続印刷することができない

帳票印刷中、特に、手形セットの印刷中、連続印刷はとても普通の要求です。すなわち一度に1枚の手形を印刷するのではなく、連続で多くの手形を印刷するのです。

以上の問題のため、ブラウザーの直接印刷機能を利用できません。現在の帳票ツールは普通PDF印刷、APPLET 印刷、ActiveX印刷を採用する。でも、この三つの印刷方式は一つの共通問題があります:大きいプラグインをインストールしなければなりません。それにActiveX印刷はIEブラウザーだけを支持しています。IEはますます安全性を重視するので、新しいバージョンではActiveXを禁止した。だからこの印刷方式を使用した帳票に悩みをもたらしました。

上記の問題と困難について、Java帳票ツールFineReportはFlash印刷技術を発明し、初めてJava帳票業界を十数年も困らせたブラウザーの印刷問題を完璧に解決した。Flashのページングと精確印刷は完璧です。そして95 %のブラウザーFlash Playerをプリインストールしています。印刷する前にFlash Playerをインストールする必要はありません。たとえインストールする必要があった時も何百Kのサイズだけで、非常に便利です。

FineReport帳票ツールが発明したFlash印刷は長年の経験を積んで、徐々に完璧になっております。どんな帳票でも、デザインが出た後FineReportのFlash印刷を使って精確印刷を実現する事ができます。

 

FineReport
twitter:FineReport_JPN