帳票ツールFineReportとSVFの比較

この文章では帳票ツールFineReportとSVFの機能を比較する。
1.帳票様式・通常機能:明細表、グループ分け、折り畳みツリー、ページ分け、コラム分け、親子帳票、規則無し複雑帳票、スタイル設定、データ書式の変換、バーコード・QRコード、グラフ・チャート
FineReportは以上全部の機能を持っています。SVFは”折り畳みツリー”という機能を持っていません。簡単な例でこの機能を表示します。

帳票ツール

2.ファイル出力:PDF、EXCEL、WORD、イメージ、メール送信
FineReportとSVFは以上全部の機能を持っています。

3.データ書き込み:豊富的な入力ウィジェット、検証・エラーヒント、レコード新規・削除、Excelからインポート、オフラインモード、データ報告・承認フロー
データの書き込むはFineReportの得意機能です。帳票画面一つで、複数のテーブルまたはデータベースにデータを書き込むことは可能です。オフライン書き込み、データ入力検証、Excelインポート、承認ワークフローなども支持する。
SVF帳票は単純なファイル出力そして印刷管理システムので、データ書き込み機能は支持しません。

4.グラフ表示
FineReportは数十種類のグラフを持っています。SVFは6種だけ。
FineReportはインタラクション機能を持っています。SVFはただPDFやExcelを出力する、インタラクションは全然ありません。
インタラクションの種類はたくさんあります。三つ簡単な例でこの機能を表示します。
図表連動(地図の地名をクリックして棒グラフとテーブルのデータが変わる)

帳票ツール

グラフのパラメータ(棒グラフの棒をクリックしてもう一つの帳票テンプレートをプレビューする)

帳票ツール

グラフの条件表示

帳票ツール

5.モバイル端末
モバイル端末もFineReportの得意機能です。
FineReportはQRコードスキャン、オフラインモード、SANGFOR VPN暗号化通信、シェア等機能を支持します。Macアドレスバインド機能によって、社内デバイスだけで接続でき、データのセキュリティを守ります。
またHTML5技術に基づいて、画面のレイアウトとグラフのサイズをモニター・スクリーンに合わせて自動調整できます。
モバイルBI   大型スクリーン

まとめ
帳票ツールFineReportはSVFよりもっと豊富な機能を持っています。帳票作成の通常機能だけではなく、データ入力、データ可視化の機能も簡単に実現できます。

FineReport無料ダウンロード