こんな簡単にデータを可視化できるBIツールを見たことがない!

 データの可視化は以下のようなものだとよく考えられます。

 

f:id:greywwl:20180929151925j:plain

f:id:greywwl:20180929151914j:plain

  実際にはデータ可視化もこのように行うこともできます。 

f:id:greywwl:20180929151952g:plain

f:id:greywwl:20180929152001g:plain

 

 以上はデータ可視化のための大型スクリーンで、商用、生産、および運用のシーンで多く応用されます。 例えば、政府および顧客訪問のための会社展示センターや交通状況を監視する都市交通管理センター、リアルタイムな取引状況を見る証券取引所、データに基づく意思決定をするリーダーのオフィスなどです。

データ可視化を実現する方法は?


 データ可視化用の製品は海外、日本本土にもたくさんありますが、いくつか試してみてから、最後にFinereportを選択します。(公式サイトでは無料ダウンロードできます。)
 FineReport自体は、Excelのような帳票ツールおよびデータ可視化ツールで、統計データを保存し、さまざまなデータチャート、ダッシュボードを作成するから大規模な財務帳票、および開発請求システムを作成するまで、すべてできます。
•中間データ管理プラットフォームとしてERPCRM、OA、MISなどのさまざまなビジネスシステムデータを接続できます。
•帳票を迅速に生成し、統一されたデータ分析および可視化プラットフォームを構築できます。
強力なデータ統合機能と10年以上の成熟した可視化コンポーネントの組み合わせにより、Finereportは豊富な大型スクリーンのデータ可視化を実現できます。

 

Finereportのデータ可視化について


 60種類以上のグラフスタイルを持つFineReportは、基本的に市場のすべての基本グラフをカバーしています。優れたダイナミック効果と強力なインタラクション分析機能を備えた独自開発のHTML5グラフなので、使用する時に、ニーズに応じ特性を設定することができるほか、携帯電話側およびLED大型スクリーンにも合わせ表示できます。

 

可視化効果について


 FineReportは現在、ユーザーの実際のニーズに合わせ開発されたオートリフレッシュ、グラフ切り替え、データハイライトなどの特殊効果を持っています。また、帆軟有限会社(Finereportの親会社)の後ろにはアマチュアの開発者がビジュアルオープンソースを使用し、Finereportのためカスタマイズされる可視化ウィジェットを開発します。現在、このエコシステムは相当に成熟しています。

 

f:id:greywwl:20180929152128j:plain

f:id:greywwl:20180929152133g:plain

FineReport大型スクリーンの特長:

1.異なるデータソースを簡単に統合し、意思決定をより明確にする


 ERP / OA / MESなどのさまざまなビジネスシステムのデータを同じ可視化ページに簡単に統合し、意思決定を明確にします。

 

2、豊な可視化要素を備る


 フォーム、グラフィックス、コントロール、ウェブフレーム、写真、ビデオ、スクロールメッセージ、デジタル時計などの数十の可視化要素を提供し、可視化の効果を充実します。

 

3、可視化デザインを自由にするレイアウト


 適応レイアウト、絶対レイアウト、タブレイアウトをサポートし、ゼロコードドラッグ&ドロップ操作で、インターフェイス上の異なるビジュアル要素を自由にDIYできるサポートします。

4、リアルタイムなデータを把握するバックグラウンドモニタリング


 バックグラウンドデータをインテリジェントに監視し、比較し、データが変更されると、フロントデスクはすぐ更新し、最新のデータを把握し、シングル要素の監視設定をサポートします。

5、データをより面白くする多様な可視化特殊効果


 サーマルマップディスプレイ、ダイナミックフローディスプレイ、フラッシュア動画、カスタムフィルなどの個性的な機能を備えています。

 

6、データの変化を捉える動的なインタラクション


 多次元ドリル、リンケージ分析などの機能を通し、データ間の関係を鋭敏に発見し、業務上の問題をよりよく分析し解決するのに役立ちます。

 

7、いつでもどこでもデータを分析できるための適応マルチスクリーンディスプレイ


 適応型ディスプレイをサポートし、一度設計完了後、データを携帯電話、タブレット、などのさまざまなデバイスで表示し、いつでもどこでも業務データを把握できます。

 もちろん、Finereportにも欠点があります。でも、Finereportを理解してから、特長を十分に発揮すると、データ可視化上では驚く結果が出られるのではないかと思われます。