FineReportは何ですか?

1.概要

 

 帳票作成·BIツールFineReportは、帳票デザイナー(テンプレートの設計)と帳票サーバー(テンプレートの解析)の2つの部分から構成され、クリアレイヤーの3層構造で構築されています。帳票はデザイナー(ミドルウェア)で完成し、最終的にサーバーの解析でユーザーに表示されます。

 

1.1 FineReportの構成

 帳票作成·BIツールFineReportは、テンプレートを設計するデザイナーとテンプレートを解析するサーバーから構成されています。デザイナーは、帳票ファイルにおける様式、データ、表示、印刷などのさまざまな要素を設計でき、帳票作成、設計、開発、デバッグ、およびデプロイを統合するプラットフォームです。 帳票サーバーは、Web環境で帳票を解析するServlet式のサーバーで、ユーザーはブラウザと通じて帳票サーバーとインタラクションを実現します。

BIツール

From FineReport

2.応用範囲

2.1 現状

 データベースに基づくシステムの開発においてもっとも煩雑で時間がかかり、かつとても多い作業は、JSP/ASP/PHPコードの記述を通して、データベースに基づく表示、検索、入力するページを作成することです。このようにプログラミングコードでデータ表示(レポート)、データ検索(パラメータ)、データ入力(フォーム)を行うページを記述するのは、開発効率が悪いだけではなく、プロジェクト引き渡し後のメンテナンス作業を膨大にします。クライアントの要求が少しの変更すると、、エンジニアが対応するコードを修正することが必要で、修正のコストも高くなります。

 

2.2 解決案

  FineReportを使えば、データベースに基づく表示、検索、入力のページにプログラミングコードを使用する必要はありません。FineReportの提供するテンプレートデザイナーで、ドラッグだけで簡単にデータ表示(レポート)、データ検索(パラメータ)、データ入力(フォーム)機能を持つテンプレートを作成し、FineReportサーバの指定するディレクトリに保存することができます。エンドユーザーがブラウザを通してテンプレートにリモートアクセスする時、FineReportサーバはユーザーの指定するテンプレートをゼロクライアントのhtmlページに自動解析して、ブラウザに返します。このようにして、ユーザーはブラウザでデータの確認や入力を行うことができます。また、FineReportは使いやすいため、プロジェクト引き渡し後にFineReportソフトウェアをエンドユーザーに提供すれば、エンドユーザーはFineReportに基づいて簡単なページ修正することで、セルフメンテナンスやシステム更新の目的に達成します。

 

3.FineReportの特長

3.1 基本構造が簡単

 FineReportはExcelライクの操作画面を採用しており、Excelの操作方法を踏まえています。Excelファイルを破損することなく インポート・エクスポートできます。

 

帳票作成

From FineReport
3.2 リモート編集

 FineReportではサーバに配置した帳票にリモートアクセスし、直接編集することができます。帳票の編集から配置までの過程で発生する事故を防ぐことができます。

3.3 多種類のデータソースをサポート

 多種類のデータソースをサポートしており、複数のデータソースを同時に表示することができます。例えば、データベースデータソース、テキストデータソース、プログラムデータソースなどです。データソースを定義したら、ドラッグと設定で簡単に帳票に引用できます。

BIツール

From FineReport



3.4 ウェブグラフ表示

 FineReportは操作スタイルがExcelに似たグラフデザインツールを提供しています。また、オンラインでグラフスタイルを切り替えることができます。マップのデータ分析をサポートしており、より直感的にデータを表示することができます。

3.5 データ分析

 ウィジェットやパラメータパネルを使用し、グラフと合わせることで、便利なデータ分析機能とデータのさまざまな表示方式を実現することができます。詳しくは データ分析をご覧ください。

3.6 ウェブ環境のインスタント帳票

 バックエンドのロジックを理解する必要はなくて、使用するデータソースを定義するだけで、オンライン帳票作成、エクスポート、印刷などの機能を使用することができます。

3.7 ピボットテーブルをオンライン作成

 ブラウザで大量のデータを素早くまとめ、リストを参照したクロス集計帳票を作成します。データの分析とのまとめをサポートし、また二次フィルタリングなどの操作を行うことでユーザーの欲しがる効果を実現できます。

3.8 ゼロクライアントデータ入力

 複数のデータソースの入力と多数の送信方法で、クライアントのデータ入力を手伝いします。また、ゼロコードと豊富な編集スタイル、さまざまのウィジェットでユーザーの速やかな入力をサポートします。FineReportはブラウザの自動計算とデータ検証に対応しており、クライアントが手動計算と検証の労力を節約できます。

3.9 Flash印刷

 Flash Playerをインストールすれば、ブラウザでプリントすることができます。AppletやPDFとは異なり、大きなプラグインをインストールする必要はありません。詳しくは Flash印刷をご覧ください。

3.10 多数の帳票出力方法

 Excel、Word、PDF、txt、htmlなど、多数のファイル形式でエクスポートできます。

3.11 パラメータ取得・スケジューラタスク

 頻繁に更新する帳票は定時タスク管理を行うことで、ビジー状態の時にデータを検索することによるサーバへの負担を軽減し、頻繁に帳票を手動更新する手間を省くことができます

3.12 B/Sリソース管理

 データ接続、サーバデータセット、キャッシュ、、メールなどの機能はオンラインサービス管理プラットフォームで設定することができます。また、帳票の複数のログ情報をユーザーの検索のため提供します。

 

データ可視化ツール

From FinerReport
3.13 データリアルタイム更新

 帳票とレポートのデータはデータベースとともに更新されます。